Listen up, world.

halfdoller.exblog.jp
ブログトップ
2005年 03月 16日

人間の短所

いまインターネットのトップのところのニュース欄に目を疑うニュースがあった。どっかのだれかが小学生の腹部を刺したという。どういうことだろうか。僕は前から思う。なぜ小学生をねらうのか、と。それも女の子などもってのほかだ。高校生男子ならばそのへんの運動不足の中年男性などには負けるほどではないにしても、小学生や中学生、もしくは幼稚園生をねらうとはどういう気なのか。そういう輩に気など無いであろう。だがもしくはものすごい深い事情があってものすごく悩んでいるだけだった人なのかもしれない。だけど、なぜ人を殺すのか。なぜ人は人によって殺し合うのか。



なぜ人は他人を殺すのだろうか。たしかに、その人が他人を殺してもその殺した本人は悲しくないし、そいつの友達も、家族もみんな特別な感情はいだかないかもしれない。だけど、その人が死んだときに泣く人と同じ人数またはもっと多くの人がその殺された人のために泣くのだ。そういうひとたちがいるのだ。誰にだって、いなくなったときに悲しんでくれる人はいる。恋人、親、叔父、叔母、祖父母、先生、ペット、友達、そして神。みんなあなたのために泣きます。親がいない、家族がいなかったり友達がいないなどという人もいると思います。その人はきっと「自分のためなんかには誰も泣いてくれないし自分なんかいなくたって悲しんでくれるやつなんてひとりもいない」と思うかもしれないでしょう。だけどしれは間違っていると思います。絶対にあなたを愛していて、そしてあなたがいないことにすぐに気づいて気にかけてくれる人が必ずいます。最低でも一人はいます。絶対です。私はまだまだ人生経験が少ないですし、ぜんぜんわからないことだらけですが、本はたくさん読んでいます。そして論文や有名な人の言葉など、だいすきで読んでいます。はっきり言って、「愛」ってなんだかわかりません。「愛」を実感できるのはほんのひとときではないでしょうか。誕生→思春期→成人→結婚、家庭→老化→死  この循環は誰にも止められないし、それを自分でどう過ごすかは全世界の人の数ほど道はありまさしく十人十色。しかし、なぜ人生を歩んでいるとちゅうで断念しなくてはいけないのでしょうか。まだ成人にもなっていないのに、70代になってあらたな人生を歩もうとしている人もいるというのに、将来の夢をたくさん持っていてどれにするかわからなくて悩んでいる人もいるのに、どうして、どうして他の人の手でそれを断念させられるのか。あなたは、神様ですか?はっきり言って、神様でもしてはイケないことではないでしょうか。なぜ、なぜ他人の手によりひとの人生を踏みにじることができるでしょうか。人はモノではありません。人は命です。命とはなんでしょうか。命とはただ単に食べたり寝たりしているだけのものではありませんよね。そのあなたの手の使い方、もういちど考えてみるべきではないでしょうか。なんだかこれを読んでくださっている皆さんのことを殺人鬼かなんかと想定しているような話し方ですが、そういう意味はまったくないので、お許しください。この程度の文しかかけませんでした。
私のこの二つの手と10本の指、そして親に元気に産み落としてもらったこの体、絶対にうまく使います。やはり、こういうつよい、読んでいる方にすこし気持ち悪いと思わせるような性格かもしれないわたしにとって、こういう事件はほんとうにゆるせません。なぜ、なぜこういう事件が頻繁におこるのでしょうか。なぜ、自分よりも弱い者をねらうのでしょうか。ちなみにアメリカでは、もし喧嘩があり、年上が(強いほうと言っても)年下を先に殴ると処罰されます。たとえそれが高校での喧嘩だろうがなんだろうが、処罰されます。そのため、年上は年下にはなにもしませんが、陰では頻繁にあります。日本のいじめ、みたいなものです。いつも必ず弱い者がねらわれる。なぜならやっているほうも弱いから、自分より弱いやつにしかできない。自分よりも強いやつはたくさんいすぎるから、特定の自分にとってやりやすいやつを選ぶ・・・それの延長線で自分より弱い者をねらう、という事件が起こるのでしょうか。人生は、ゲームじゃない。そのへんのゲームかなんかの延長線で人生を操ろうと試みる人種は大間違いな人生をたどっている。人間って不思議な生き物です。ほかの動物よりもはるかに頭が良く、いまではもう考えたことをほぼすべてかなえられるようなものなのに、それをううまく使えない。ほんとうは自分でもわかっているのに、止められない。自分の体なのに、とめられない。人間という生き物は世界で最も実行力と創造性をもっている生き物なのに世界で最もセルフィッシュな生き物ではないだろうか。別に善い人間になれとは誰も言っていない。だけど、心の優しい人間になる必要があるのではないでしょうか。人間は医学も科学も進歩しました。今では宇宙に行って月の上を歩いている時代です。今度は、心の進歩が必要とされているのではないでしょうか。こんなに長ったらしい下手な文章を読んでくれてありがとうございます。きっとこれを読んでくださった方はとっても優しい人たちですね。ありがとうございます。
[PR]

by halfdoller | 2005-03-16 10:34 | about Others


<< 対川魚 罠を仕掛ける~準備~      ドラえもんが・・・ >>